遺産相続ではもめることがとても多い。内縁の妻がいると更にもめることがあるので、法律相談で専門家にきくとよい。

困ったときは無料の法律相談へ。
困ったときは無料の法律相談へ。

法律相談で遺産相続を解決する

このエントリーをはてなブックマークに追加

身近な問題のひとつとして遺産相続があります。親や配偶者がなくなったときに、その人の持っていた遺産を相続するというものです。お金だけではなく、不動産や株、保険といったものも資産となるため、全て相続の対象となります。亡くなる前にきちんと遺言書を書いていたり、それぞれに生前贈与していたりしていればいいのですが、多くは突然なくなったり何も用意していないまま亡くなってしまいます。

そのため残された遺産は分配する家族にゆだねるのですが、そこで問題が起きやすくなります。人はお金に執着がないようでも、実際手に入るかもしれない高額な金銭などを目の当たりにすると、人が変わってしまうことも少なくありません。相続は普通の家ほどもめるといわれるくらいです。そうなるともう家族だけで解決できないこともありますし、法律相談によって決めることもできます。きちんとした婚姻関係のない内縁の妻などはさらにもめることになるため、専門家に意見をきくと良いでしょう。

その他の記事