裁判だけでなく、それに関連した法律関係の紛争を解決する制度をより容易に利用できるようにする法律相談環境の充実

困ったときは無料の法律相談へ。
困ったときは無料の法律相談へ。

法律相談と総合法律支援法

このエントリーをはてなブックマークに追加

裁判だけでなく、それに関連した法律関係の紛争を解決する制度をより容易に利用できるようにすることや、弁護士または司法書士や行政書士といった隣接法律専門職者のサービスを身近なものにするための総合的な支援のための法律があることをご存知でしょうか。その法律を平成16年に公布された総合法律支援法と言います。

総合法律支援は、全国範囲で、民事関連、刑事関連を問わず、紛争解決に必要な法律に関する情報やサービスの提供を受けられることを実現することを目的としています。その目的は、具体的については次の5つがあげられます。

1.紛争を解決する制度を有効に利用するための情報提供を充実化すること。2.事業としての民事法律扶助の発展と整備。3.国選弁護人の選任と確保の態勢整備4.援助等に係る態勢(例えば犯罪被害者等)の充実。5.関連機関の連携の確保と強化。この総合法律支援において、ADR機関の新たな設立や、それとの連携を強化することが期待されています。法律相談は今後、ますます身近なものとなっていくことでしょう。

その他の記事