法律事務所で法律相談をすることは、不安がつきものだと思います。実際の事務所、相談の感じの一例をあげました。

困ったときは無料の法律相談へ。
困ったときは無料の法律相談へ。

法律相談、法律事務所とはどんな感じなのでしょうか

このエントリーをはてなブックマークに追加

法律相談というと難しい、固いイメージがありますよね。できることなら一生弁護士事務所に足を運びたくないものだと思います。でも悩んでいては解決しないこともあります。実際に弁護士事務所での法律相談はどういった感じなのか、また弁護士事務所とはどんな感じなのでしょうか。

法律事務所といっても個人でやっている小さなところもあれば、会社の様に大きなところもあるので一概にこういう感じですとは言えません。雰囲気もやり方も違います。私が見た法律事務所の多くは、最近は依頼者への配慮があるところが多く、居心地の良い空間を作り出しているところが多いと思います。依頼者は不安で心配で来ているし、知られたくないと思っているのでそのあたりの配慮がされていると思います。守秘義務は弁護士にも事務員にもあります。比較的、そういった配慮のある空間を作り出している事務所は新しい事務所に多いかなと感じます。

法律相談は当たり前ですが、弁護士と話しながら行います。ときどき弁護士2人付いたり、研修中の弁護士が同席したりします。自分で相談したいこと、経緯をまとめて書き出してくると緊張して何も言えないという状態が避けられるのでよいかと思います。相談だけですとそこで相談料を払って終わりますが、弁護士にお願いするとなると弁護士料がかかります。それは各事務所によって報酬等の基準が違いますので、よく検討して下さい。当日は印鑑と筆記用具、メモ等を持参するかとよいかと思います。

その他の記事