弁護士に法律相談する時には、メモや関係書類を用意をしておき、相談料は事前に確認して、見積もりなどをもらっておく

困ったときは無料の法律相談へ。
困ったときは無料の法律相談へ。

弁護士に法律相談する際に、事前用意をする事

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士に法律相談をする際には、効率よく事実経過を説明する意味でも、当日にはメモを用意しておくと良いそうです。弁護士への説明が要領を得ないと、相談に時間がかかって相談料もかさんでしまう場合があるかもしれないそうです。また、事実経過自体がわからないと弁護士も的確なアドバイスができませんので、メモは用意した方が良いそうです。事実の要点、日時、これまでの経緯を簡潔に纏めておくと良いそうです。

契約書や診断書などの関係資料は全部弁護士見せる様にする事が必要です。裁判では証拠の有無が勝負を大きく左右するので、関係資料にどのようなものがあるか、関係資料からどのような事実がうかがわれるかは非常に重要になるそうです。依頼人が自ら選別してしまうと、法律的に重要な書類がもれてしまうことがあるかもしれないそうです。相談料は、弁護士によって異なるそうなので、あらかじめ確認しておくと良いそうです。実際に案件を依頼する場合には、着手金や報酬金などの費用が掛かるそうです。案件を依頼する前に事前に確認し、見積もってもらうことが重要になるなるそうです。

その他の記事