弁護士に法律相談するためには、事前にアポイントが必要になり、相談内容は都合の良い話だけではなく全てを話す

困ったときは無料の法律相談へ。
困ったときは無料の法律相談へ。

弁護士への法律相談するためには

このエントリーをはてなブックマークに追加

弁護士に法律相談する場合のポイントがあるそうです。まずは、相談の予約を必ず入れる様にするという事です。アポイントを取らずに法律事務所に行っても、弁護士は多忙で外出していたり、他のアポイントが入っていて、対応してもらえない事があるそうです。そして、いざ相談をする際には、弁護士は本当のことを知らないと的確かつ適切な弁護活動が出来なくなりますので、相談者自身の都合の良いことだけ話すのではなく、不利な事実を話すことによって、後でかえって不利になってしま事がない様にしなければなりません。

また、心情的に話したくないことであっても、そのことが解決の重要なポイントになることもあるので、案件に対して関係ある限りは話す事が大切です。弁護士には依頼者の秘密を守る義務がありますので、弁護士に話したことが第三者に知られてしまう事はないそうなので、安心して、包み隠さずありのままを話す事が問題解決のためには、大切な事になるそうです。

その他の記事