差押予告通知書が来た場合は2週間以内に法律相談を受けて対処してもらうと差し押さえを回避できる。

困ったときは無料の法律相談へ。
困ったときは無料の法律相談へ。

差押予告通知書が来たら法律相談で差押を回避

このエントリーをはてなブックマークに追加

税金が支払えずにいたり、借金の返済ができずにいると、お金を支払うように督促通知が来ます。督促通知が来ても支払うお金がない場合には、債権者に連絡せずにそのまま放置する人も多いものです。度重なる督促を放置していると、そのうち差押予告通知書が届きます。すぐにお金を返済しないと財産を差し押さえますよという通知です。

差押予告通知書が届いて何もしないでいると、ある日突然差押をされます。いきなり人が家に来て差押するというパターンは少なくて、多いのが銀行口座の差押です。働いている人は給与が振り込まれる口座が真っ先に差し押さえられ、お金を引き出すことができなくなります。

差押を回避するためには、予告通知書が来た段階で弁護士に相談して債権者と交渉してもらうという方法があります。交渉は自分でもできるのですが、借金の支払を今後楽にしたい場合や返済方法について有利になるようにするためには、借金問題に詳しい弁護士に依頼したほうが良いと言えます。差押予告通知書が来た場合は2週間以内に何らかの手を打つ必要があるので、なるべく早く法律相談を受けた方が良いでしょう。借金問題の法律相談は無料で受けている弁護士事務所が沢山あります。

その他の記事