事実を時系列にそい、整理しておいてください。そしてわかりやすいようにメモした状態で法律相談へ行きましょう。

困ったときは無料の法律相談へ。
困ったときは無料の法律相談へ。

事実をメモして法律相談へいこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

事実は本人にしかわかりません。法律相談をする上でよくあるのが、相手もわかっている状態で話を進めていくことです。弁護士もわかっている前提で話を進めてしまう相談者の方が多いです。自分がわかっているからそうなってしまうのでしょうが、当然弁護士の方は相談者に教えてもらわないとわかりません。なので適切な対応が取れなくなってしまうのです。弁護士の方に問題を解決してもらいたいのなら、まずは相談前に自分で事実を時系列に沿って整理していきましょう。

整理した結果は、わかりやすくメモにまとめておき、法律相談する際にはそのメモをもっていってください。きちんと日にちなどもいれて書いておくことを忘れないでください。時間もわかれば書いておくとよいでしょう。状況を把握することがまずは大切ですし、把握することに時間がかかってしまうケースが多いです。それでは相談にかかる費用がかなり増えてしまうので、状況把握に時間をかけないで済むようにしましょう。

その他の記事